安いがいいとは限らない

ちょっと高いものを買うと、お金の無駄遣いをしてってよく言われてきました。

Tシャツでも700円とかすごい安いものを親はよく買っていましたが、私が3000~5000円するTシャツを買うと、たかがTシャツでその値段!っていうのです。

でも、ものが良い生地ですしお気に入りの柄だしで私はそのTシャツを何年も愛用しました。しかし親は700円のTシャツを毎年買っていました。

これってトータルで見ると私の方が安くついていると思いませんか?高いから無駄遣いっていうことはないのと思うのです。その場限りの高額な商品というわけでもないのです。

親が700円のTシャツを私と同じ年数きてヨレヨレにもならずにいるのならば、確かにそれは安いものです。でもそうではありませんでした。

プチプラが悪いっていうわけではないのです。100円ショップの品が悪いっていうわけではないのです。使う場面や状況に応じて、高いものとプチプラとを使い分けることが何よりお金の節約になるのではないかと思っているのです。

100円ショップで何回も同じものを買うことになるなら、500円出してもうちょっと強度のあるものを買った方がいいとか。800円するものが、同じぐらい使えそうなのが100円で売ってるからそっちにする…など。

 

高ければいい、安ければいいというわけではないことを見極めていけたら、賢いお金の使い方になるんじゃないかなぁって思います。

なんでも安ければいいで買い物をしていると、本来のものの質や価値を見失いそうだなと思いました。もちろん私も100円ショップやプチプラ通販はよく利用しますが、一度普通に買うのとプチプラで買うのとどちらが私にとっていいのかを考えるようにしています。

 

節約節約、と考えていたものが実は高くついていたってなると、それこそ無駄遣いですからね。値段だけではないところまで見るようにしていきましょう。その方が、絶対にお金は貯まると思うのです。

271253061703409