将来のお金

少子化が問題視されていますが、やはり今の時代に何人もの子どもを産んで育てるというのは簡単ではありません。産まない選択をする夫婦も増えています。
共働きで生活をしていたところに、妻が子育てに専念ともなると家計はつらくなりますし、保育園に預けて仕事復帰したくても保育園がなかなか入れなかったり仕事が見つからなかったりという問題ありますね。流行語大賞にノミネートされるほどの問題でs.

収入が少なければ出産費用を用意するだけでも大変です。また、そこから育児費用も大変です。産んで勝手に育つわけではありません。食費も増えるし、衣服、レジャーと基本的な出費も増えるのは当たり前ですし、税金や保険といったものもあります。

それに加えて、マイホームを考えている人はそれなりの貯蓄も居るだろうし、賃貸でも子供が育って手狭になれば広い家に引越しもあるかもしれない、自分たちの老後や親の介護費用など、人生にかかるお金っていうのは計り知れないものです。貧乏でも幸せなんていうことをいう人もいますが、好きで貧乏しているわけではないならやはりお金はある程度あるべきですね。

収入に見合った生活をしながら、将来に向けてのお金のやりくりを考えるということは大切なことだと思います。
そこでオススメされているのが、ライフプランを書き出してみることです。これから将来、この時期にこれだけお金が必要になるだろうというプランを書き出してみるのです。
近いところで車検がいくらから、車の買い替え、子どもの教育費など。いつの時期にどこくらいのお金が必要かを把握するだけでも不安は和らぐものですし、そこに向けての目標も立てることができます。
お金がいるとわかってからバタバタしないようになるんですね。

私も近いうちに結婚することになるので、いまから今後の生活のことや結婚式などの色々を考えるとお金足りるの…?と不安になるばかりです。少しでも節約してためて、苦労な生活ばかりしないようにしたいです。

 

yjimage