休みがないと嘆いているけれど

自営業の人は「休みがない、プライベートな時間がとれない」という悩みを上げる方が多くいます。サラリーマンのようにカレンダー通りに休みが欲しいのであれば、自営業はあまり向いていないのではないかとと私は思うのです。

よほど事業がうまくいっていたり、商売が繁盛していたりすればちょっとは余裕もあるかもしれませんが、多くの自営業の人は朝から晩まで働き、休みもそこそこに働いています。そうしないとやっていけないところが多いのです。お金をたくさんかけられるのであれば人を雇って自分の仕事をもっと減らすってことはできるかもしれませんが、人件費というのはかなり大きな出費になります。自分でやればお金はかかりません。営業後に自宅で経理をやったりとかすればいいですよね。

雇われて、言われた仕事をこなしてお給料を貰うのはサラリーマンです。それだけ書くと楽なように見えますが、出世や、職場での人間関係など別の問題や悩みが多くつきまといます。

自営業は確かに休みもプライベートも少ないでしょう。しかし、そうした集団行動はあまりいりません。また、自分の働き方や仕事量次第では休むこともできます。なにより、自分がやりたいと思った仕事ができてそれで稼ぐ努力ができるのが良いところなのです。

自営業はまっているだけでは仕事はきません。お客さんを獲得したり、同業者と交流を持ったりということも必要になってくるので、休みの日でも仕事の関係で動いているってことも多いですね。

こればっかりは、割りきらないとやっていけないと思います。

逆に、自分に甘く、ルーズな人は自営業は向いてないかもしれません。働きたくないからと適当な商売をしていればすぐに経営は行き詰まり、倒産を迎えるでしょう。まぁ、サラリーマンだって適当な仕事をしていれば怒られてやめさせられるかもしれませんが。

よほど上手に時間をやりくりして休みの時間をきちんと作るか、もしくは半分プライベートは諦めるかというのが、自営業には必要な覚悟でしょう。

d0321831_09201045