お金があることで余裕が生まれる

「お金がない」という言葉があまり好きではありません。私が育った家はとても裕福とは言えるものではありませんでした。両親は何かといえば「お金がない」という言葉を発していました。うちにはお金がないんだから、お金がないから何もできない、お金さえあれば…

そうはいいつつも、食べるものも困るような生活ではありませんでした。周りの子が持っているようなゲームや洋服などを買ってくれるということはさすがにありませんでしたし、ずっとアパートぐらしでしたが食べるもの着るものに困るというところまでではありません。それでもお金がないといっていました。

確かにうちには借金がありました。父は自営業でしたが商売がうまくいかない時に借りたお金が増えてしまい、返済をするために働いている状態で、またお金がキツイとなるとお金を借りるということを繰り返していたため借金がないということがなかったような気がします。

 

高校になってバイトをはじめて、ようやく私は自分で好きなものを買うということを覚えました。大学へ行くお金もなかったし、国立大学へ行くほどの頭もなかったし、奨学金を借りてまで専門学校に行く気もなかったので高卒で働き始めました。

家に居たくないので早々と一人暮らしはじめました。自分で稼いだお金を自分で管理できるというのは私にとってかなり喜びでした。最初のうちは自分の手元にお金があるというのが驚きと新鮮で、かなり使ってしまっていました。

でも、元々貧乏は家で育った私は羽目を外しすぎることができませんでした。お金に余裕はあるけれど、身に沁みついた節約生活で充分でした。おかげで20代前半だというのに貯金はわかりしあります。

お金という後ろ盾がある私は、気持ちに余裕もできました。心が穏やかなので人に優しくもなれるのです。学生時代は引け目もあって性格良くない人だったと思います。

不思議な力ですね、お金って。貯金があるといっても無駄に使わずに貯めておこうと思います。

eyes0954

ちょっとしたことでも積み重ねると

塵も積もれば山となる、なんてことわざもありますが、ほんのちょっとの小銭も貯まればそれなりになります。

日にちも金額も決めてないけど、カバンに入ってたとか掃除したらでてきたとか、気が向いたからって大きな牛乳瓶にちまちまと小銭を入れていたんですね。ほとんどが1円玉や10円玉なのですが、この間満タンになったから出して数えて銀行に持っていったら…なんと1万円近くあったんです。100円玉もちょっと混じっていたからですね。3年間ぐらいためてたんで決して率がいいってわけじゃないんですけど、ちょっとした臨時収入になった気分でした。

まともに貯金しようとすると続かないんです…。毎日100円とか500円玉が財布にあったら貯金するとか…したほうが貯まるんでしょうけど、そう決め込んでしまうと続かないのが不思議ですね。ダメな人だ私w

img_0

でもほんと、小銭は馬鹿になりません。

私は商売をしていますが、お客さんでたまにおつりはいらないよっていう人もいるんです。こちらとしてはそうはいかないよ!ってなるんだけど、2,30円だからって押し切っていく人もいて。そうなるとありがとうございますって笑顔を見せる方がお互い気持ち良いのでそうしています。

で、多く貰った分はどんなに僅かでも「チップだー!」って言って貯金箱の中に入れます。そうやって1年間過ごすと、年末に1000円ちょっとくらいになっていたりするんです。

お客さんが落としていったらしく店の中を掃除していると10円拾った…なんてこともありますからね。

なので1年間そうして頂いたお金はありがたくクリスマスあたりにみんなでケーキを食べて消費してしまいます。ありがたいかぎりです。

大きな金額のお金じゃなくても、時間をかけて貯めればまとまったお金にちゃんとなるっていうのがわかって良いことです。小銭だからってそこいらに置きっぱなしにしておかないで、ちゃんとお財布に入れたり貯金箱に入れたりするのって大事ですね。

 

審査に通りやすい消費者金融で申し込みをする

いまや消費者金融でお金を借りたり、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りたりすることは珍しいことではなくなっています。私の周りにも稼ぎが少ないところに冠婚葬祭が重なってどうしてもお金が足りないからちょっと借りたことがあるとか、ショッピングにカードを使いすぎてリボ払いにしたとか、人の借金の肩代わりをしなければいけないためにお金を借りることになったとか…色々います。知らないだけでお金を借りた経験があるという友達も実はいるかもしれません。いまは、人にも家族にさえもバレずにお金を借りることができてしまいますからね。

 

お金を借りる先といえば色々ありますが、銀行や消費者金融が一般的です。しかし銀行は審査が厳しいとか即日貸して貰えるかわからないものです。消費者金融は即日融資も可能!って謳っているところも多いし、申し込みもスマホやパソコンでできて、返済もコンビニでなんてお手軽さを売りにしているところが多いです。特に大手の有名な消費者金融はいかに便利に借りやすくするかを競っているので借りる側としてはありがたいものです。

有名な消費者金融はいくつかありますが、どこも審査の厳しさなどに大差があるわけではありません。基本的にマニュアルに沿って融資可能か不可能かを見ています。しかし、やはりどこも一律同じようなものというわけではないようです。

一番審査通りやすい消費者金融を紹介しているサイト

101111_1

1つの会社で審査に落ちてしまうと他の会社に申し込みをしてもだいたい落とされてしまうものです。これは申し込みして落とされたという履歴が残っていてどこの消費者金融でもその信用情報を元に融資できるかどうかを見ているのでつい最近落とされた人はどれだけ申し込みしても審査に通ることはほぼないといえます。

こうなると貸してくれるところを探すのは大変ですし、借りようと思ったら審査に通りやすい消費者金融に最初から申し込みをしてみる方がいいでしょう。

 

消費税が辛かった…

私の実家は自営業をやっていました。住宅街の中の小さな商店です。

赤字というほどでもないのですが、儲かっていて裕福ということはほぼほぼなかったと思います。オープンした頃、私がまだ子どもだったことはバブルの終わりでしたので景気良い感じに商売をしていたとも聞きますが、私が大人になってからはとにかく不景気の波が押し寄せて着ている感じです。特に、生活必需品を売っているわけでもなく、どちらかと言えば嗜好品で、なければないで大丈夫な品物を扱っていたので余計にだったと思います。

ある年、春頃に母親からお金を貸して欲しいと辛い顔をされながら言われたことがありました。話を聞くと、前年の売り上げが予想よりもかなり良かったために、支払わなければいけない消費税がかなり増えてしまったというのです。しかし、自転車操業状態ですので税金に向けた積立というのはほとんどできていない状態でした。どうかき集めても支払うべき消費税の金額を揃えられなさそうだというのです。

9dee77f3

母はすでに借金をしており借りる宛も他にないようでした。ちなみに父は家やお店のお金のことには一切無頓着で仕入れや買い物なども自分のしたいようにする人でした(文句を言えばキレて暴れるタイプです)

母が苦労しているのもわかっているので、私からは10万円ほど貸すことになりました。ふたりとも国民年金しか加入してきませんでしたので、働かなければ年金だけでは暮らしてけるようなものではありません。借金の返済もありますしね。

正直、懐が痛くないわけではなかったけど、私は働いているし旦那も了承してくれたので良かったです。返すと母は申し訳無さそうな顔をしていましたが返ってこなくてもいいと思っています。

しかし、来年からはまた消費税も増税するといいますし、僅かでもいいから積立をするなど準備を出来る限りしようと母に話しました。毎年必ず支払わなければいけない税金ですから準備は大切だと思います。もちろん、それができないほどに自転車操業だという現実もあるのですが…。

 

思わぬ出費に対応できないのはつらい

仕事で使っている車は4ナンバーで小型貨物車という扱いです。確かに、毎日荷物を載せて走りますし、週に数回は往復3、4時間は配達に使います。

貨物車は車検を毎年しなければいけません。安いものではないので車検に向けて半年ぐらい前から地味にお金を用意しはじめます。仕事の付き合いというものがあって、車を購入したディーラーでやってもらいます。正直、他のところでやってもらった方が安いです。とはいえ、ディーラーもうちの店を利用してくれますし、こちらも車関係のことは全部任せる!ってぐらいの関係ですので他でやってもらうというわけにもいきません。こればっかりはお金の問題ではありませんよね。

ただ、今年はタイヤがツルツルなのでタイヤを全部交換しますって言われてしまいました。いらないです!とは言えませんし…結局全部交換しました。6万ほどしまして…

結局、タイヤ込みで車検代が10万円以上になってしまいました。これは予想外の出費だったので痛かったです。前もってタイヤ交換になるかもねって言ってくれれば良かったのになぁ~(求めすぎですかね)

うちの店は冬場は売り上げが低いのもあって、わりとギリギリな感じで経営&生活していますので、急に大きな出費があるのは辛いのです…。

今回は仕方なく、いくらかお金を借りて支払いをすることにしました。春になれば少し余裕もできるのでまとめて返してしまうつもりです。急な出費に対応できないっていうのはつらいなと思ったので、もう少しお金に余裕ができるようにしていきたいものです。

しかし、突然の出費とはいえ、サッとお金を借りることができるというのはほんとに便利だなぁとつくづく思いました。困った時には本当に頼りになります。

借り過ぎたりしてしまうと返済が大変になってしまうので、程々にするのがいいとは思いますが、借金(キャッシング)は悪いもの!っていうイメージはなくしたいですね。困った時に頼れる存在だと思うのです。

40ab369d

休みがないと嘆いているけれど

自営業の人は「休みがない、プライベートな時間がとれない」という悩みを上げる方が多くいます。サラリーマンのようにカレンダー通りに休みが欲しいのであれば、自営業はあまり向いていないのではないかとと私は思うのです。

よほど事業がうまくいっていたり、商売が繁盛していたりすればちょっとは余裕もあるかもしれませんが、多くの自営業の人は朝から晩まで働き、休みもそこそこに働いています。そうしないとやっていけないところが多いのです。お金をたくさんかけられるのであれば人を雇って自分の仕事をもっと減らすってことはできるかもしれませんが、人件費というのはかなり大きな出費になります。自分でやればお金はかかりません。営業後に自宅で経理をやったりとかすればいいですよね。

雇われて、言われた仕事をこなしてお給料を貰うのはサラリーマンです。それだけ書くと楽なように見えますが、出世や、職場での人間関係など別の問題や悩みが多くつきまといます。

自営業は確かに休みもプライベートも少ないでしょう。しかし、そうした集団行動はあまりいりません。また、自分の働き方や仕事量次第では休むこともできます。なにより、自分がやりたいと思った仕事ができてそれで稼ぐ努力ができるのが良いところなのです。

自営業はまっているだけでは仕事はきません。お客さんを獲得したり、同業者と交流を持ったりということも必要になってくるので、休みの日でも仕事の関係で動いているってことも多いですね。

こればっかりは、割りきらないとやっていけないと思います。

逆に、自分に甘く、ルーズな人は自営業は向いてないかもしれません。働きたくないからと適当な商売をしていればすぐに経営は行き詰まり、倒産を迎えるでしょう。まぁ、サラリーマンだって適当な仕事をしていれば怒られてやめさせられるかもしれませんが。

よほど上手に時間をやりくりして休みの時間をきちんと作るか、もしくは半分プライベートは諦めるかというのが、自営業には必要な覚悟でしょう。

d0321831_09201045

自営業って色々ある

自営業というとどういう仕事を思い浮かべますか?

一言っで自営業と言っても、様々な職種があります。むしろ、会社に雇われていない人は全部自営業だということでもいいでしょう。

自分でお店を出している人、自分で会社を作った人、在宅でパソコンを使って委託された仕事をしている人、書道家、声優、農家…これらはどれも自営業です。雇われていないのですから。

自分で書類をまとめて確定申告をしなければいけませんし、収入や仕事での出費などのやりくりだって自分でやらないといけません。ただ単に仕事をして稼いでいるだけではなく、自営業は事務作業も自分でやらなければいけないのが意外と大変なところでもあります。

なので、何でもかんでも自分一人でやってしまえる能力や規模の人ならまだしも、そうでない人は税理士や会計士といった人と相談したり、経理をやってもらったりする方が多いですね。税金の計算などは小難しいことが多いので、専門の人に任せて、またお金の流れの相談などもできるというメリットがあります。経営や仕事で忙しいのにそういったところまで全部ひとりでやっていたら休まる時間も少なくなってしまうのです。

フリーランスなどで自分一人で仕事して一人で暮らしていたりする場合は、パソコンのソフトで簡単に整理や申告に必要な書類を作れたりするものがあるので、そういうのを利用している人も多いと思います。

サラリーマンなどは雇われているので、そういう作業は会社がやってくれます。その点では楽かもしれません。

確定申告をしなければ税金の還付や医療費控除が受けられなかったり、無申告加算税が発生してしまったり、悪質な所得隠しだと判断されたら重加算税も課されます。

また、マイナンバー制度がはじまることにより、無申告はすぐにバレるようになります。自営業の人で確定申告を疎かにしている人はしっかりを申告するようにしましょうね。難解すぎるというものではないのですから。

zei_zeimusyo

自営業は家族の協力が必要ですね

私の実家は商売をしていました。

c6bvFiTFfTvavEj_Okqp3_6

正直、両親ともども商売に向いているかといったら、到底向いていない性格だったと思います。しかし、両親共に実家(わたしから見たら祖父母の家どちらも)も商売をしていました。そういう環境にあると、サラリーマンなど勤めに出るということも向かない性格になっていくものでもあります。

父親は商売人としてはかなり商才はあったと思います。安く良いものを買ってきて売ったり、仲間にも恵まれていましたし、業界や地元の偉い人とも仲良く、上客を捕まえるのもうまかったです。ただ、お金に関する考え方が酷く、「お金は持っている人が使えばいい」「あるだけ使う」という感じでした。税金、保険、仕入れ代、経費などなど…商売や生活にどれだけお金が必要かをまったくわかっておらず、とにかく浪費をすることが多かったです。

母親はそんな父のお金使いに文句を言いながらも、どうにかこうにか店と家計のお金をやりくりしていました。母でなければできなかったでしょう。親戚にお金を頼ったり、銀行でお金を借りたりということもあったようです。それでも3食食べて仕入れもきちんとできてというのは母親が支えていたからです。とはいえ、母親は商売人としては問題がありました。自分の気分で接客の態度は変わりますし、嫌いなお客さんがくるとすごい冷たい対応をしてました。それこそ、お客さんが気分悪くするほどに、です。

こういう両親を見ていて、この2人だからこそ何十年も商売続けていられたんだなぁと思っています。それぞれひとりでは商売は成り立たないのです。夫婦で商売をしているところは、そういうところが多いのではないでしょうか。

夫婦で経営していなくとも、やはり自営業っていうと家族の協力は必要不可欠だと思います。私も小さい頃から繁忙期には手伝わされていましたし、商売をしている友人に聞くと忙しい時は実家を手伝っているという話しもよく聞きます。

自営業は、家族の助けがあってこそですね。

 

お金の悩みが尽きない自営業

とにかくお金の悩みが尽きないのが自営業です。職種などによって違いは少しづつあるとは思いますが、なんでもかんでも自分でやりくりしていかないといけないものですから、毎日お金のことを考えていないといけません。

商品の仕入れ、店舗の家賃、資材の購入、従業員の給料、車のリース代やガソリン代が必要なところもあるかもしれませんし、宣伝費をかけるところだってありますね。その他にもかかる経費はたくさんあるし、税金だって払わないといけません。

自営業で何が大変ってやっぱりそれらすべてのお金の出費を売り上げだけでまかなっていくことができるかどうかなんです。それができて初めて黒字と言えるのですが…なかなかそううまくはいきません。

売り上げが少なかったり、売り上げはあっても取引先からの振り込みが遅れてしまっているので支払いができないなんてこともあります。とにかくお金が足りないってことはよくある話です。

じゃあどうするかって言ったら、運転資金を借りるんです。

お金を借りる場所って銀行とか消費者金融とかいろいろありますけど、なるべくスピーディーに融資してもらいたいってなると、民間のビジネスローンが最適です。

自営業借入セレクト.com

普通のキャッシングでは年収の3分の1までしか借りられないという総量規制がありますけど、ビジネスローンは総量規制の対象にはなりません。事業に使うための資金として融資するからです。銀行は確かに金利が安いことが多いですが審査に時間がかかったりすることもあります。すぐにでもお金が必要だっていう時には民間のビジネスローンは強い味方なのです。

ここの支払いさえ乗り切れたら…

まだ店は廃業したくない…

下手に親戚などに頭を下げてお金を借りて関係性を冷やしてしまうよりも、利用できる・融資してもらえるところがあるならば頼ってピンチの乗り越えていきたいものです。

ビジネス向けのローンはしっかりチェックしておきましょう。

plaza_loan_img

よほどの黒字でないかぎり余裕はない…

プレミアム商品券は大手の商店だけでなく、個人商店ももちろん参加することができます。

20141001_02

プレミアム商品券は有効期限がありますから、買った人はその期間内で使いきって仕舞わないと損なだけですよね。なので、欲しいものを買った後に余ったものを日曜品を買うのに使ったり、元々目的なないけどお得だから買って日々の支払いに使ったりする人は結構います。

なので、個人商店でもプレミアム商品券で支払いができるようにしておくと、利用客を呼び寄せることができる可能性が高くなるのが間違いありません。

ただ、今年も問題視されニュースにもなりましたが、使ってもらった商品券を現金化するのに時間がかかるというのは気をつけなければいけません。役所は一斉に処理をしなければいけませんから忙しいでしょうし、かといって正直お役所仕事というのも否めません。せっかく商品を買ってもらったというのに、その売り上げを現金化するのに1ヶ月ほどかかってしまうというケースが多数あるのです。

商品券の効果でものがたくさん売れたとしても、券を現金化するのに時間がかかってしまったら、その間売り上げ金そのものは手元にないということです。物を売った現金で経費や仕入れをするサイクルがあるお店では、1ヶ月間肝心な現金が手元にないので、その間の経費や仕入れ代といった出費を貯蓄に頼らざるを得ません。よほど黒字で余裕があればいいですが、そうでもないお店はたくさんあります。お金の流れが滞ってしまうと、とたんにきつくなるのです。いくら物を売っても現金が手元になかなか来ないというのは個人商店にとっては死活問題にもなりかねます。

安易にプレミアム商品券を扱うことを決めるのは良くないと思いましたし、役所にはこうした実態をもっと考えて貰いたいと思いました。

使う方からしたら確実にお得なプレミアム商品券ですから利用者は多いですし、券のおかげで商品を買ってもらえるのなら大変ありがたいことですが、なかなか難しい問題だなと感じています。